当NPO法人は、営利を目的とせずマンション管理組合の理事長を経験し、大規模修繕工事・委託管理費の削減・管理組合の改革等を経験したメンバーが中心となり運営しております。管理組合の役員・区分所有者の為に「セミナー・情報交換会」等を開催しています。

『Q&A』

 Q&A  

Q: 『マンションに居住していて、疑問・質問、又は、自分のマンションではこのようなやり方をしているが、他に良い手法・アイディアがありましたら教えて欲しい』などございましたら、『質問箱』よりメッセージを送信してください。
A: その疑問・質問に対して、正会員・個人会員、又は、一般のマンション区分者様よりメール(aichi@mansionkanrikumiai.net)にて頂いた解決方法・アイディアなどの内容を公開させていただきます。

★質問・相談内容は、必ず相談者の了解を得られない限りホームページに掲載されません。
                          

2008年10月15日
Q: 来年の夏に大規模修繕を迎えます。いま委員会で検討しておりますが、東海大地震を想定した耐震工事も併行して行なう案も出ております。耐震工事も行なうとなると、修繕積立金を全て取り崩しても、県の補助金以外に各戸100万円もの一時金が必要だと管理会社から言われ、住人の半数以上から猛反対をされております。総会に参加する住民は1割程度、殆ど委任状が出るのですが、この件が議案となってからは委任状すら出してくれません。どうしたら良いのでしょうか?何かお知恵をお貸し下さい。
A: あなたのマンションは、耐震補強工事が本当に必要なのでしょうか?一級建築事務所に調べてもらったり、お住まいの県や市が実施している無料の簡易診断を受けられましたか?
 管理会社の説明だけを鵜呑みにしないようにしましょう。管理会社は、工事代金が高くなればそれだけ収入が増えます。従って、本当に必要でも無いのに必要と言ってくるケースが時としてあるようです。

 簡易診断などで補強が必要であろうと言う事ならば次は、きちんとした耐震診断を受けましょう。耐震診断は、数百万のお金が必要なので、まず臨時総会を開いて予算を得る必要があろうかと思います。
 複数の一級建築事務所で見積もりを取った方がいいですね。診断の結果、耐震診断が必要な場合、どの部分をどのように補強すれば良いのか、幾つかの案を出してもらいましょう。概算金額も必要です。

 さて、本当に必要になった場合の対処方法です。まだローンを抱えているのに更に一時金100万も出せといきなり言われても普通の人は、到底納得できる金額ではないですね。
 まずは、専門家(マンション管理士・一級建築士等)を招いて説明会を開きましょう。そして、どうして耐震補強を行わなければいけないのか。行わない場合、どの程度の地震が起きたら、どうなるのか。どの部分をどのように補強する必要があるのか。費用は、概算どのくらい必要なのか等々、住民に納得のいくまで説明をする事が大切です。そして 資金の無い人に融資は、どのようにしたら受けられるかなどの説明も必要ですね。このように順を追って、住民の理解を得る工夫が必要です。
 それから臨時総会を開いて、耐震補強をするかどうかを決めてください。そうすれば住民は、きっと納得してくれるでしょう。

 いよいよ耐震補強をする事が決まったら、再度、建築事務所に精緻な耐震補強の設計をしてもらう必要があります。補強には、いろいろな方法があるので幾つかの設計事務所に相談した方が良いでしょうね。納得のいくまで質問しましょう。そして、設計が出来たら複数の業者から見積もりを取ります。
 その上で再度、総会を開いて最終的に耐震診断の予算を取るのです。

 数千万の費用がかかる工事は、決して管理会社任せにしないことが必要です。自分達の納得のいくまで調べ、質問をし、住民に説明する。そして必ず複数の業者に問い合わせる事。

「マンション管理組合ネットワーク・愛知」では、こうした手順を具体的にアドバイスできる用意があります。


2008年10月12日
Q: 「ネットワーク・愛知」に入会すると私共の管理組合には、どんなメリットが有るのでしょうか? メリットを教えて欲しいです。
A: 「ネットワーク・愛知」の設立目的に有りますように、私達のマンションは、日々毎日建物と設備の劣化が進んでいます。毎月、又は、毎年どこか修繕工事や設備の改修工事が行われています。ほとんどの管理組合・理事会は、管理会社に丸投げしている状態がほとんどのようです。よって費用が2〜3倍かかっているような話を良く耳にします。これでは、毎月積み立てている修繕積立金が年間何百万円も無駄使いしてしまっていることになります。そこで、管理組合の仕組みと手法を変えることにより年間驚くほどの違いが出てきます。そのようにやられている管理組合が愛知県にいくつも有ります。ネットワーク・愛知では、その仕組みと手法を入会された管理組合に伝授したいと思って居ります。


2008年10月10日
Q:「ネットワーク・愛知」の活動は、主にどのようなことを行っているのでしょうか? 特に重点を置いている活動を教えて貰えますか?
A:「ネットワーク・愛知」の主な活動は、管理組合の様々の問題点について情報交換し合い問題点の解決策の意見交換とか、マンション管理における維持管理費の費用削減の手法・アイディアなどの意見交換、色々な題材のセミナーの開催、12年に一度やってくる大規模修繕工事を高品質で低コストにいかにすると実施できるのか等々を主な活動としています。


Q:
A:


powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional